整形ならクリニックにお任せ!|目の下のたるみ解消法

女の人

目の下の伸びた皮膚を切除

眼

下まぶたの端で

目の下のたるみは、下まぶたの皮膚が伸びて袋のような状態になることで生じます。その袋の中に皮下脂肪が流れ込み、その重みで垂れ下がって、たるんだ状態となるわけです。そのため目の下のたるみの治療は、この伸びた皮膚を切り取るという方法でおこなわれています。とはいえ切り取ることで大きな傷が残ったのでは、たるみがなくなっても目元は魅力的な状態になりません。そのためこの治療は、下まぶたの端の部分でおこなわれます。具体的には、眼球にきわめて近い部分に、目の形に沿って切れ込みを入れ、伸びた皮膚を切り取った上でその部分で縫合するのです。これにより皮膚は短くなり、袋のように垂れ下がることはなくなります。下まぶたの端なので、術後の腫れがひけば、傷跡はほとんど目立たなくなります。

シワやクマも除去

目の下のたるみによって、皮下脂肪が垂れ下がるだけでなく、シワも生じるようになります。しかし皮膚を切り取る治療を受ければ、このシワも一緒に消すことができるのです。さらに目の下には、アイメイクやそれを除去するためのクレンジングなどによる刺激で、色素沈着が起こることがあります。これがクマの原因のひとつとなっているのですが、これもまた、皮膚を切り取る治療で解消することができます。目の下のたるみに加え、シワもクマもなくなるわけですから、これにより目元の魅力は格段にアップします。また、施術後には刺激を与えないように気をつけて生活すれば、皮膚が伸びることも色素が沈着することも防ぎやすくなります。つまり、目元の魅力を長く保つことが可能となるわけです。

美容整形による肌改善

ウーマン

しわ対策には、美容整形という方法がおすすめです。皮膚を引っ張り上げるリフトアップ手術や、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を注入する方法などがあります。美容整形を行えば、一度の治療で長時間しわのない美しい肌を持続させることが出来るようになります。

読んでみよう

確かな技術と安心感

ドクター

神戸は、美容皮膚科の通院に便利な地域です。安定した数で患者が訪問するため医師の経験が豊富となり、クリニックの設備も充実しています。あれこれ目移りせずに、負担の少ない距離内でクリニックを探しましょう。早めの予約がポイントで、タイミングが悪いと混雑期と重なってしまいます。

読んでみよう

自分で予防する手法

レディー

加齢とともに気になるしわは水分が不足することと、筋力が弱ることで生じるものがほとんどです。毎日のエクササイズやマッサージ、そして日ごろの肌への水分補給がしわの対策となるのです。スキンケアとマッサージを心がけることが大事です。

読んでみよう